flash

ドローン活用分野

活用できる分野

近年ドローンは、趣味を越え、災害救助や物流や測量など、実社会において多様な分野で活用されるようになりました。

公共事業インフラ

photo

ドローンが公共事業においてインフラ点検に用いられつつあります。橋梁や橋脚といったインフラを点検する現場では最近ドローンが使われ始め、ドローンを活用すると普段人が目で確認することが難しい場所や、点検に行くのが難しい場所へドローンを飛ばすことができます。

農業

日本の農業従事者は、高齢化に伴い年々減少傾向にあります。農薬を散布するなどの利用だけではなく、ロボット技術やIT通信技術を利用し、低コスト・高生産性が期待出来るスマート農業分野でドローンを活用することによって、人の手が減っても農業生産を維持していけるようになるのではないかと、大きく期待されているのです。

photo

輸送

photo

現在、注文した荷物の配送は人の手で行われています。しかし、昨今ではネットショッピングが主流になりつつあるため、配送業者の負担は増加傾向です。人の手だけではカバーしきれない部分も多く、さらに人手不足という問題も起こっています。もし輸送業にドローンが活用できれば、人の手をかけることなく注文した荷物を輸送することが可能になります。

セキュリティ・防犯

ドローンの空撮を利用して人の代わりに巡回する方法が既に始められています。更に技術が進めば、定常状態の建物内のイメージ図をドローンに記憶させ、そのイメージ図を参考にドローンに空撮時の画像との違いが無いかを人工的に判断させることも可能になるでしょう。
イメージ図と実撮影時の違いの有無によって状況を判断させ、もし異常があった場合には警備センターへ連絡をするなど、現場へ赴かずとも一括して複数の建物を管理できるようになります。この様な技術とドローンの無人操縦、人工知能という機能を使えば、より安全で確実な警備が可能になります。

photo

メディア・エンターテイメント

photo

ドローンの最大の利点は空撮です。これまで上空からの映像はヘリコプターを用意するなど非常に大掛かりなものとなっていました。ラジコンヘリなどにカメラを固定させて撮影するなど方法を考えればあるのですが、操作が難しく映像も安定しません。
また人が立ち入りにくい現場や空中からの視覚的に分かりやすい映像や、通常では撮影することが難しかった角度からの撮影が容易になったことで、ダイナミックな映像を視聴者に届けることが可能になりました。

災害・防災

土砂災害や地震などで土砂や流木、家屋の倒壊など、人が立ち寄れないような場所もドローンを活用することで上空から撮影することで被害の状況を確認することができます。
また、赤外線センサーを搭載したドローンであれば、火災現場での状況把握に役立ちます。また、建造物の大きさや被害状況の全体把握をリアルタイムに救助隊や作業員に伝達することや、消火器の運搬も可能になります。

photo

不動産

photo

顧客への情報提供のために建造物の全体像を撮影できるだけでなく、建設地域全体の写真もドローンを使用して撮影が可能になります。
また、空撮の迫力もプラスされるので、より顧客の心をつかみやすくなってます。
不動産物件を決める時、ユーザーはインターネットを通じて、そこで集められた情報や画像をもとに購入するかどうかを決める事が多くなってきている為、ドローンで空撮された映像は臨場感があり、多くのユーザーを引きつけます。

ページTOPへ戻る △

ドローン操縦技能を学ぶメリット

現状は、日本国内ではドローンは免許制にはなっていません。しかし、ドローン免許がないから勝手に飛ばしてしまおうという認識ではとても危険です。日本では、ドローンを自在に飛ばせられる場所が限られています。ドローンによる逮捕者・事故が発生している状況は、ドローン運用に対して、ドローン操縦士は知識・安全性を体系的に学ぶ必要性を示しています。
ドローンが操縦できるようになれば、空撮を楽しんだりドローンレースに参加したりできます。

また、ドローンはビジネスにも活用できます。スキルや知識を身に付けることで、ビジネスにプラスになり、関係各所への飛行説明資料として、土地所有者・警察署・近隣住民への説明がスムーズに行えたり、クライアントへの提案時に、信頼を掴めます。信頼感やブランド感が重要視されるビジネスシーンにおいては非常に有利です。

photo

日本でのドローンビジネス市場規模は2016年度では約350億円、
2022年度には約6倍の2,100億円に達すると見込まれています。

お問い合わせはお気軽に

TEL.052-938-8855

ページTOPへ戻る △

法令・申請書類について

HOMEスクール案内ドローン活躍分野カリキュラム生徒募集お問い合わせ | 株式会社大広について

Copyright (c) Japan Drone College All Rights Reserved.
JDC(ジェイ・ディ・シー)は、株式会社 大広が運営しております。